SecureAssist 3.3 リリース JavaScriptの分析に対応

SecureAssistの新しいバージョン、SecureAssist 3.3 をリリースしました。
また、以前のバージョンを購入してすでにライセンスをお持ちの方は、無料で新しいバージョンに更新できます。
SecureAssist 3.3の新機能と改善点をご紹介いたします。

Enterprise Portal

  • JavaScriptスキャンの集計に対応しました。
  • Multi LDAP Directoryに対応しました。
  • プラグインユーザのドメイン情報の取得と表示に対応
  • ポータルの管理者パスワードを強化することが強制されるようになりました。
  • バグを修正しました。

IntelliJ Plug-in

  • バグを修正しました。

Eclipse Plug-in

  • JavaScript分析(Angular, jQuery, Express, Hapi.js framework)が可能になりました。サーバサイド・クライアントサイドに対応しています。
  • バグを修正しました。

Rulepack

  • JavaScriptのためのルールに対応しました。
  • バグを修正しました。

Visual Studio

  • バグを修正しました。

新しくなったSecureAssistをぜひお試しください。