Downloads

ドキュメント

Synopsys SecureAssist IDE用プラグインは、ライセンスのアクティベーションなしで、30日間の試用が可能です。早速、お手元のいくつかの開発プロジェクトや、OSSプロジェクトなどソースコードをレビューしてみてください。トライアルのお申し込みは、こちらからご連絡ください。

Eclipse Plug-in 資料

IntelliJ Plug-in 資料

Visual Studio Package 資料

SecureAssist 3.3 IDE Plug-in の動作環境

 

サポートするIDE バージョン 言語 ファイルタイプ ランタイム OS
Eclipse 4.3, 4.4, 4.5, 4.6, 4.7 Java JEE
JSP
XML
FTL
Properties
JRE 1.7
JRE 1.8
Windows 7 x86/x64
Windows 8.1 x64
Windows 10 x64
Windows 2008 R2
Windows 2012 R2
MacOSX 10.10.5
MacOSX 10.11.1
CentOS 6.7 and 7.1 x64
RHEL 6.7 and 7.2 x64
Spring Tool Suite 3.5 3.7 Java JEE
JSP
XML
FTL
Properties
JRE 1.7
JRE 1.8
Windows 7 x86 / x64
Windows 8.1 x64
Windows 10 x64
Windows 2008 R2
Windows 2012 R2
Mac OSX 10.10.5
Mac OSX 10.11.1
Eclipse
(PHP)
4.3, 4.4, 4.5, 4.6 with PDT 2.2 – 3.5 PHP PHP MS Windows 7 x86/x64
MS Windows 8.1 x64
MS Windows 10 x64
MS Windows 2008 R2
MS Windows 2012 R2
MacOSX 10.10.5
MacOSX 10.11.x
CentOS 6.7 and 7.1 x64
RHEL 6.7 and 7.2 x64
RAD 9.0, 9.1 Java JEE
JSP
XML
FTL
Properties
JRE 1.7 or JRE 1.8 MS Windows 7 x86/x64
MS Windows 8.1 x64
IntelliJ IDEA 14 Ultimate / Community
15 Ultimate / Community
16 Ultimate / Community
2017.1.x Ultimate / Community (new)
Java JEE
JSP
XML
FTL
Properties
JRE 1.7 or JRE 1.8 Windows 7 x86 / x64
Windows 8.1 x64
Windows 10 x64
Windows 2008 R2
Windows 2012 R2
Mac OSX 10.10.5
Mac OSX 10.11.1
CentOS 6.7 & 7.1 x64
RHEL 6.7 & 7.2 x64
Visual Studio 2012
2013
2015
2017 (new)
*注: CommunityとExpressはサポート対象外となります。
.NET C#
VB.NET
ASPX
Config
CSHTML
VBHTML
XSD
.NET 4.5.x

.NET 4.6.x

MS Windows 7 x86/x64
MS Windows 8.1 x64
MS Windows 10 x64
MS Windows 2008 R2
MS Windows 2012 R2

その他

  • SecureAssist IDE Plug-inは、ネットワーク接続(HTTP/HTTPS)を次の目的のために使用します。
    • IDEとライセンスを管理するEnterprise Portal(ライセンス導入時にお客様環境に構築するTomcatベースのサーバー)との通信のため。
    • トライアルアクティベーション時、APIサーバーとの通信のため。

スライド資料

SecureAssist Eclipse Plug-in 導入ガイド(PDF

SecureAssist IntelliJ Plug-in 導入ガイド(PDF

SecureAssist Visual Studio Package 導入ガイド(PDF

SecureAssist | Enterprise Portal / Rulepack Configurator

SecureAssistライセンス管理、利用プロジェクトの状況集約・全体の統計機能に用います。Enterprise Portalは、お客様のネットワーク環境内にTomcatベースのサーバをセットアップし、そのアドレスをIDEから指定することでご利用になれます。導入手順はそれほど複雑ではありません。

Enterprise Portal 3.3

以前のバージョンの Enterprise Portal をお使いのお客様へ

以前のバージョンの Enterprise Portal をお使いで、レポート用のデータベースをメインのデータベースと別に用意している環境のお客様は、ライセンス更新が必要な場合があります。新しいバージョンに同梱されるアップグレードガイドの手順により最新バージョンに更新していただくことができます。

Enterprise Portal 3.3 動作環境

サーバ データベースエンジン Java(JRE) OS
Apache Tomcat 7,8
Websphere 8.5.5
MySQL Community Server – 5.6, 5.7
Oracle Database – 11g, 12c
JRE – 1.7, 1.8 CentOS 6.7 and 7.1
RHEL 6.7 and 7.2
MS Windows 8.1 x64
MS Windows 10 x64
MS Windows 7 x86/x64
MS Windows 2008 R2 MS Windows 2012 R2
推奨環境
  • アプリケーションとデータベースそれぞれにサーバーOSを用意
  • アプリケーションとデータベース間のネットワーク遅延が最小である環境
  • ​12GBのシステムメモリ
  • 2CPU
  • 最小512kbのログファイルサイズ
  • 最低6GBのアプリケーションのヒープ
  • 1024kbのアプリケーションスレッドのスタック
  • 50GBのディスク容量
  • 12GBのシステムメモリ
  • 1Gのバッファープールサイズ
  • 64mbの転送可能パケットサイズ
  • 10GBのディスク容量
利用ブラウザー
  • Internet Explorer 10+
  • Firefox 40+
  • Chrome 45+

RulePack Configurator

Rulepack Configuratorは、Windows PCで動作するスタンドアロンアプリケーションで、SecureAssist IDEプラグインで利用する検出とガイドについて、御社の独自ルールやガイドを作成・設定するツールです。カスタマイズしたルールは、EnterprisePortalで設定することにより、全てのIDEに配信することが可能になります。

SecureAssist スライド資料(PDFダウンロード可能)

SecureAssist Enterprise Portal導入ガイド(PDF

SecureAssist Enterprise Portal アップグレードガイド(PDF

SecureAssist Enterprise Portal APIガイド(PDF

SecureAssist Rulepack Configurator 利用ガイド(PDF